最高の自己肯定感

小寒

寒~いですね。今日、1月5日は小寒で寒の入りです。そして、まさしく寒さがグッと厳しく本格的になった。というか寒すぎる~。これからどんどん寒くなって、大寒はもっと寒いのだからいったいどうなるのかな?って感じです。

でも、この冬を乗り越えればまた春がくる。人生も同じですね。冬の厳しい時を乗り越えると春がくる。もっと長いスパンで考えると、人生のある期間冬の時代を生きる人がいる。私もまたその一人ですが、ゆえに天を呪い神的存在を否定する人がいる。私も昔、天を呪っていた方ですが、でもその存在は絶対的に信じていました。

あるネットビジネスセミナーをする人のメルマガを無料購読してたのですが、小さい頃からお父さんから暴力を受け虐待され続け、お母さんも教育ママで成績や評価を求められ続けたそうです。だからその人は自分の感情を押し殺して生きてきたので、動画を配信しているのに表情がありません。笑顔をつくることができない感じ。痛々しいよね。といっても私も同じような感じですけど。

だからか、その人はスピリチャル系の成功セミナーを嫌い、否定されています。プラス思考するとプラスのことが引き寄せられてくるとか、良いことをすると良いことが起こってくるとか、ハイになる感情を煽るセミナーを絶対否定されています。じゃ、何を言われているのかというと、心理学の自己肯定感を高めることが成功するコツなのだと言われていました。

でも、私は思ったのですよ。自己肯定感を高めること自体が、私にとってはプラス思考だなって。そして、万が一自己肯定感を高められない状況が起こった時、その人はどうするのかなと?

魂としての自分

私にとっての最高の自己肯定感は、自分を肉体はもちろん、自分を魂としての自分ととらえることです。なぜなら、目に見えることだけでは人生の問題を解こうとしても解けないからです。そこに見えない世界、スピリチャルな視点も取り入れていくと生きづらく、苦難に満ちた人生がいっきにラクに希望と感謝に満ち、たのしくなっていきます。

ただ、その人がプラス思考しても、喜んでも、マイナスのことが起こると言ってらっしゃるように一見マイナスのことも起こります。でも、だから引き寄せの法則とかスピリチャル系の成功法則は間違っているというのではなく、別の幸運の法則が働いているだけなのです。このマイナスはマイナスではなくプラスなのです。もっと言えば、もう1つ別の法則も働いています。これらがからみあっているため、本当はとてもシンプルな幸せになる法則が見えないようになっているのです。

その人はお金を儲けることができているけど、そのことをもしかして知らないんだな。
スピリチャル系成功本もそのことについて深く取り上げてはいない。
そこに私がこのブログを書く意味があるかもしれない。


(ps. 文章中の色文字もブーゲンビリアに変えてみました。
私のブログのテーマカラーはブーゲンビリアにしようかな?)