幸せの年神様

今日は1月11日、鏡開きですよぉ~

みなさん、今日はお正月に飾っていた(正確にはお供えしていた)
鏡餅をぜんざいやお汁粉にして食べる日です!!

準備できてますかぁ~?

いやぁ~、正直いって 私、あまくみてました。
お正月も、鏡餅も、おせちも、 鏡開きも何もかもです。

こうやってブログ記事にしようと調べてみると 大変なことがわかっちゃいました。

恐るべし japan!!

お正月って、単に新しい年を迎えることかと思ってました。私。。。

でも、日本のお正月って、その年の幸せと実りをさずけてくれる年神様が家々にやってこられるので、
幸せの年神様といつしょにすごす新年を祝う行事なんだって。



何か普通に知らなかったよ~。
この神様は神道の神社の神様。
恐るべし japan!!


おせちも神様といっしょに食べるので、お正月のあの特別なお箸は両端が尖っているのですよ。
何だろうこのお箸、両方尖ってたら、どっち使ってたかわからなくなるじゃんと思ってたけど。。。
そういう意味だったんだー。

幸せの年神様は鏡餅に宿る

今年1年、私たちに幸せと実り、成果をもたらしてくれる年神様は、
鏡餅に宿られています。


そしてお正月が過ぎると、年神様は帰っていかれるので
年神様が宿って、霊力とパワーあふれている鏡餅を食べて健康や幸福を祈願するのが鏡開きです。


(私的には、赤い豆つぶで邪気を払う
ぜんざいにして食べるのがベストかな。)


でも、このこと知っていたら、お正月の過ごし方もっと違ってくるよね。
ごめんね、幸せの年神様。
意識してなくて。

来年はもっと大きな鏡餅買うよ。
そして、いっしょに過ごそう。。。




(もう、あずき煮えたかなぁ?)