幸運しあわせ.com

 あなたは願いを奇跡のように叶えられる。人生を望むものに絶対変えられる。

自分を救う人は世界を救う人。

假屋崎省吾さんのお母さんの話し

ずっと前に
雑誌で華道家の假屋崎慎吾さんが
お母さんのことについて書いていらっしゃったのですが、

いろいろなことは忘れてしまったのですが、、、
假屋崎さんのお母さんが言った一言がずっと何年も忘れられないでいます。
ずっとたぶん、これからも忘れられないでしょう。

假屋崎さんが学生の頃???
『華』の道をいきたいとお母さんに話したところ、、、
(たぶん、假屋崎さんのセクシュアリティの部分もわかっていて言われた)


「お好きなことをおやんなさい。。。」


という言葉です。 何かそれを読んだ時、、、
昔の人なのに、、、自分のことや世間体とかいっさい気にせず
假屋崎さんのおねえの部分もひっくるめて認めているような
「お好きなことをおやんなさい。。。」
という言葉に聞こえたんです。

そして、、、
自分に假屋崎さんのお母さんのような心あたたかい母がいて
自分に言ってくれてるような気がしました。
假屋崎さんに言ってるのに自分に言ってくれたような。。。
假屋崎さんに向けられた愛なのに自分に向けられた愛のような。。。

そしてその時、思いました。
自分の子供をほんとうに愛することは
世界の子供を愛することなんだなって。



マイナス思考自体は悪くない

だから思ったんです。
自分を苦しみから救う人は世界を救う人だなって。

マイナス思考自体は悪くない。
それは肉体を持った弱肉強食の現実世界で危機を回避するための防衛本能。

このままじゃダメになってしまうよとか、
それじゃダメだよとかね。
リスクに対して対策をたてるためのもの。

でも、人の思考は1つのことに集中するという特徴があるので
1000いいことがあっても、いいことは問題ないのでそこを見ないで
自己防衛の為、1のマイナスなこと、リスク、危機に集中してしまう。

だからマイナス思考が湧くのは当たり前。
でも、行き過ぎてそれに捕らわれ身動きとれなくなるともったいないよね。

昔、絶望と苦しみで真っ黒になってた時、
TVで映画が始まり見ていたら、、、
素晴らしい素晴らしいと涙を流してる自分がいた。

さっき、絶望だ、真っ暗だと言ってたのに、
今は素晴らしいと泣いてる自分がいて
なんだ、人の心ってすぐ変えれるんだなって思ったことがあった。

マイナス思考自体は悪くないけど、、、
これに捕らわれ続けるのは良くない。
やっぱり、そこから抜け出すには気分転換したり、違う視点、
よりプラスの考え方(より生きる力がでてくる考え方)に
変えるしかないよね。



観自在菩薩を目指そう

観自在菩薩(かんじざいぼさつ)は観音様・観世音菩薩と同じもので
悟りを得た仏ではなく修行者

本質を求め、
自由な視点からものごとを見て、
自分を救い、人々を救うために修行する人のこと。

マイナス思考に捕らわれ縛られ身動きできなくなるのではなく
マイナスもプラスも見えていて
自由に好きな考え方を選んでいける修行、

トレーニングをちょこっとちょこっとやっていこうと思う。


自由になるために。