暑くて~~~ヘト、ヘト、でごめんなさーい。

こんにちは、幸運しあわせです。



お久しぶりでーす。
ちょっと、ブログやすんじゃいました。


でも、、、 毎日、
ほんとに、
暑いですねーーーッ。




暑くて~~~~~~~~~~~~~~~   


ヘト、ヘト、で



ごめんなさーい。





毎日の仕事はもちろん、
最近は
T君(息子は浪人中)の
英語の勉強を助けるために
よりわかりやすく説明できるように
自分も英語を学びなおしながらまとめています。



でも、、、仕事に勉強に
ついつい熱中しちゃって、
毎日フラフラ、
吐きそうで、
家に帰って横になると立ち上がれません。
大丈夫かなぁ~自分。



でも、高校進学の時、
担任に、
「どこの高校も受かりませんよ。」
と言われたT君。



(特に英語は中学の時、
英語の先生にいじめられたせいで
英語アレルギーなり
まったく受け付けなくなったんです。)



でも、やっと、やっと、
最近、
少し受け入れるようになりました。




とは言っても、
何度教えても記憶しません。
いっしょうけんめい勉強してきた私が
何でこんな目に会うのよぉ。
と泣きたくもなります。




私の母親は、
担任が私は国立の大学に受かる学力があるので
大学に行かせた方がいいですよと言ってきたのに、
先生に行かせないと言ってやったと
さもうれしそうにあざ笑うように
私に言うような人でした。




その反面教師で
できるだけ自分の子供には
愛情をそそぎ
やりたいことをやらせたいのに、、、



今度は自分の子供が、
大学に行きたいのに
本人がまったく記憶しないと言う
この苦難。

でも、、、
これもきっと、
意味があるんでしょう。

(子供のために必死にやるので、
自分の英語力は確実に成長しました。)



そう思って、、、
T君と並んで参考書を見ていたら
急にT君がふっと私の肩に腕を組んできました。
そして、2人でそのまま勉強し続けました。



こんなこと、、、


自分の親とは


絶対に何があっても
ありえないことだなぁ。




これって、、、???


もしかしたら、、、???





幸せってこと
なんじゃないかなぁ。





最高に、、、
幸せってことじゃないかなぁ。





こんな幸せがあるんだもの
小さい時、
死ななくてよかったな。




小学生の時、
死ななくてよかったな。



中学の時、
苦しいからって
死ななくてよかったな。



高校の時、
絶望のあまり
死ななくてよかったな。



20代も、
不安と恐怖の中
死ななくてよかったな。




こんな幸せと
平安と
希望があるんだもの。





思いや意識、感情のエネルギーが
現実を創っている。




その思いや、意識、感情を
変えていけば
誰だっていくらでも
幸せになっていけるんだもの。




あの時、



ほんとうに
死ななくてよかったな。