幸運しあわせ.com

 あなたは願いを奇跡のように叶えられる。人生を望むものに絶対変えられる。

ある日突然、それがわかった!!



こんにちは、幸せ研究家
      幸運しあわせです。




だんだん深まって
晩秋の感じがしてきましたね。


そこかしこで、
キンモクセイの香りが深く漂って
思わずクンクン深呼吸してしまう
今日この頃です。








今日から
自称ですが幸せ研究家
名のらせていただくことにしました。。。






どうしたら、、、


私は、、、



私たちは、、、


もっと
幸せになれるのか???





もっと深く
どこまでも研究していきたい。。。
     



それが、、、これからずっと、
私が死ぬその日まで
興味を持ち
追求していきたいことだからです。








ところで、、、



皆さんは



目に見えない
スピリチャルな世界のことを
どう思っていますか???



私は、
誰に教えられたわけでもないですが
物心ついた時から
絶対にそれはあると思っていました。


というか、、、
あることがわかっていました。
なぜ、わかるのかはわかりません。
たぶん、それは、
前世
影響なのだと思います。


前世と言うこと自体が
スピリチャルな世界ありきの 話しですが、


人は何度も
生まれては死に
また生まれ変わって
生死をくり返している 。


この
輪廻転生しているという
考え方を聞いた時、


私は、
「ああ、私は永遠の魂しいとしての存在なんだ。
この人生だけじゃないし、
いろんな人生を送って来たし、
これからも送るんだ。」

ととても救われたのをおぼえています。


(この輪廻転生は
仏教、仏陀から来ていると
思われがちですが、
それ以前
インドの最も古い教え、
ヴェーダ 聖典、
バラモン教の中に
すでにあった考え方です。)



ヴェーダはインドに侵入してきた
アーリア人が生み出したものですが
アーリア人は
人生をどう考えていたかというと、、


人生には苦しみがつきまとう。
それは、なぜか???


私たちは輪廻転生しており、
前世において
その人がやってきた行い、
業(カルマ)の結果が
現れるからである。


前世、人に善行を行えば
やったことと同じ
良きことが今世起こり、
前世、悪行を行えば
やったことと同じ
悪いことが今世起こる。
(バラモンはこの考え方を
自分たちの利益のために
カースト制度として使ってしまいましたが)



でも、私は
このカルマのことが
よくわかっていなかったので、
重要視していませんでした。








それが、わかるようになったのは、
子供が生まれ、
(人を愛せる自分を発見し)
感謝で感謝でたまらない
高い心になったことで、、、


奇跡のように
願いが叶うようになった
そんな時のことです。


自分の心の中を見ると、、、
以前は凍り付いた茨の道を
裸足で血を流しながら
歩いてるかのようだったのに


今はその氷が解け
現れた土に春の緑の草が生え
暖かな陽ざしに
花が咲き乱れてる。
そしてそこに寝転んで
青い空と白い雲を見てる
そんな感じに変わったんです。


でも、その一方で
依然、親、母親のことを考えると
心の中に
ゴォーと埋めることのできない
真っ黒な底なしの大きな穴
空いているのがわかりました。


この穴を
どうしても 埋めたいなぁ~
と思いました。



そうすれば、
私の心は完全に玉のように
喜びと感謝に輝ける
と考えたんです。


でもね、その時はもう
願いが叶うように
なっていたので、
その願いはすぐに叶いました。


このカルマということが
以前は言葉として
知っていましたが、、、


この時、
同じ言葉を聞いた時、
突然、
実感として
わかったんです!!


母親があんなにヒドイことを
言ったり、
したりしたのは、、、



前世で、
母親の魂の人に
私が同じヒドイことを
言ったり、
したりしたからなんだと。



自分のこととして
それを理解できたんです。
その途端です。


母親に対する
恨みや憎しみの感情が
きれいさっぱり
消えてなくなりました。


かわりに芽生えた感情は
母親の魂しいの人に
悪かったなぁ
という思いです。



それは、
自分を苦しめる人を許すとか
よくいう手放すとか
執着しないとかの
レベルではありません。


この考え方だと、
イヤなことや
ヒドイことをされて、
相手を憎んだり、
恨んだりするのではなく
自分が反省し悪かったなぁと 思うんですから。


でも、そうすることで
心が完全に晴れわたり
その心に似合った
素晴らしいことが
どんどん人生に起こってくるんです。







だって、自分はまったく悪くないのに
人がイヤなことや
ヒドイことをしたことで、
相手を嫌ったり、
恨みや憎しみのマイナスの
感情をもった方に


同じマイナスの波動の
悪いことが起こって来るなんて
おかしくはないですか???


宇宙の法則が
そんなことをするとは
とうてい思えません。


自分の中に
ある波動だから
同じ波動の事柄が起こってきたんです。

(もちろん、それだけでなく
高い目的をもって
使命がある人もいるでしょう)



でも、普通の人は
業(カルマ)、
前世の行いの結果として
受け取った方がいいと思います。


なぜなら、そう受け取った方が
マイナス感情にならず
悪いことが
感謝にかわるので
感謝できるいいことが
起こって来るからです。


イヤな態度をする人を見たら、
嫌悪しないで、
(自分が現世でそんな態度をとってないなら)
前世でそんな態度を
自分がとってたんんだなと
自分が反省する。


ヒドイことをされたら、
(自分が現世でヒドイことをしてないなら)
前世でヒドイことを
自分がしていたんんだなと
反省する。


そうすることで
学ぶことができ、
清算することができ、
成長することができ、
感謝でき、
心は常に晴ればれ、
レベルアップできるので、



レベルアップした
願いが叶い
幸せになれる。




アーリア人は宇宙の根本原理
ブラーフマンと
自我アートマンが
本当は同一のものだという
真理を体得したものが、


苦しみが続く
輪廻転生のサークルの
輪の中から抜け出して


解脱できるのだが
そのためにには
善行だけでは十分でないので
修行するのだといいましたが、


修行というのは
森や林に分け入って
肉体的な苦行や瞑想を
するだけではなく


日常の
不本意な苦しみを伴う
今のその一瞬一瞬に
そういうスピリチャルな
見方ができるかどうか
それが修行なんじゃないのかな
と最近思うんです。。。