幸運しあわせ.com

 心のレッスンで、願いを奇跡のように叶えられる。人生は変えられる。

ライオン  ~25年目のただいま~ をみて。

こんにちは、願いを叶えるシンクロニスト、幸せ研究家の
  「幸運しあわせ」です。




この間、映画の
ライオン
~25年目のただいま~

をみましたモノゴト事象に触れ、



心象が起きたので
(そのことについて
書きたいという気持ち)

が起きたので
書いてみたいと思います。






f:id:kooun-shiawase:20200603215408j:plain

インドの田舎でサルーという5歳の少年が
長距離列車に紛れ込んで
大都会カルカッタに運ばれ
25年間、迷子になります。



そして、保護され、
養子になった先のオーストラリアで
なんと
グーグル・アースを使い、
25年後、インドにある故郷と家族を探し出す
という実話にもとづいたお話しです。



日本では考えられませんよね。
国が広大過ぎて、
まったく違う言語が話され通じない、
まだまだ、人身売買とか、臓器売買、児童性虐待、
貧困層が広がっているインドならではの
実話です。



迷子になったとき、
サルーは5歳、
自分の名前も故郷の名前も間違って
記憶していました。



映画の前半、
サルーの記憶にある
インドでの貧しい暮らしが
美しいまでに描かれていて
絶品です。



この映画を見て、いろいろな方が
いろいろな感想を持たれると
思うのですが、



私はサルーの記憶に残る、
クドゥとの思い出のシーンが
忘れられません。



f:id:kooun-shiawase:20200611233357j:plain



私にもかわいがってくれる
やさしい兄がいたような感じがして、
幸せ感が湧いて来るのです。
貧しいけれど
故郷で幸せだったサルーの気持ちに
共感してしまうからなのでしょうか???



映画の最後のシーンに
クドゥとサルーが線路を歩いている
シーンがあるのですが、



f:id:kooun-shiawase:20200612215526j:plain
クドゥがヒンディー語で、
サルーに
「アジャ、アジャ」(早く、早く)といっている
シーンがあって忘れられず、



自分でも、時折、
「アジャ、アジャ」といってみるほどです。







この映画が自分の中で
忘れられない特別なものになっているのは、
やはり、根底に貧困、人身売買、臓器売買、児童性虐待
の問題があるからなのです。



実際にサルーは難を逃れられたのか???



孤児院に連れて行かれたとき
一人の子が壁に頭を打ち付け続け
自傷行為をします。



もしかして、、、
この子性的虐待を受けたのかなと思っていると
夜、監視役人がその子を
「ちょっと借りるぞ」
とやって来るのです。


すると、仲間の役人が
何でもないように
「朝までには、返せよ」
というのです。



また、養子先のオーストラリアに
サルーの次に弟として
引き取られて来たマントッシュ
自傷行為があり、精神を病んでいます。



もしかして、この子も、、と
思っていたら、、、
映画ではでてきませんが
原作によると
彼もまた犠牲者らしいのです。





何もわからない幼い子供たちが
自傷行為に走り、精神的に病む行為。
魂しいを打ち砕かされる行為が
今まだ存在するのです。





自分がもし、
そういう体験を強いられていたら、、、
生きて来られたのか???
精神をとどめていられたのか???





私に何かできるのか???




何もできないのか???





事象(ライオンという映画をみた)に
出会い、
心象(書いてみたいという気持ち)が
起こったので、
ここに書き、 切り取り、
保存してみました。









神様にもらった本

こんにちは、願いを叶えるシンクロニスト、幸せ研究家の
  「幸運しあわせ」です。





昨年の12月25日、クリスマスの日。
家の近くのマクドナルドで、
本書きをしながら思いました。



もっと、
本を書くのに必要な本を手に入れたいなぁ。
そうだ!!
今日は、クリスマス。
神様にプレゼントしてもらいたいなぁ。



そういえば、、、
隣の駅ビルの4Fには書店がある
そう思うということは、
私に必要な本があるかもしれない。
さっそく、行ってみました。




すると、やっぱり、
ありました!!





これが、その本です。 f:id:kooun-shiawase:20200602154820j:plain



私が、その中で、
そうか!!
と思った箇所があります。



f:id:kooun-shiawase:20200602165243j:plain



随筆とは、
【思うがまま筆に任せて書いた文章】
(ネット上で読まれている文章のほとんどは
ブログも含め、
この随筆にあたるものだということです)




著者の田中 泰延(たなか ひろのぶ)さんによる
随筆(ブログも含め)の定義は、
「事象」と「心象」が
交わるところに生まれる文章





「事象」とは、
見聞きしたことや、知ったこと。
世の中のあらゆるモノ、コト、ヒト。




それに触れて心が動き、
書きたくなる気持ちが生まれる、
それが「心象」である。





人間は事象を見聞きして、
それに対して、
思ったこと考えたことを






書きたいし、
読みたいのである。







自分が読んでおもしろい文章を書く。
自分が読んでおもしろい文章を書くとは、
まだ、だれも読んでいない文章を自分でつくるということ。



わたしが言いたいことを
書いている人がいない。
じゃあ、自分が書くしかない。



自分が書いて、自分で読んで
楽しい気分になる。






自分が書いて、自分で読んで
楽しい気分になる、、、
この部分を
私は自分流にこう書き換えてみました。











自分が書いて、
自分で読んで
おもしろく、
より、幸せになれることを書く。
















紅茶と「小びんワーク」のコラボセミナー

こんにちは、願いを叶えるシンクロニスト、幸せ研究家の
  「幸運しあわせ」です。





28日に、突然、
出版社から
セミナー写真がもっとほしいといわれ、、、
(しかも、コラボセミナー写真がいいというので)



急きょ、
『ゆほびか』に載った小びんワークを
知ってもらって、つながった
紅茶講師さんと連絡を取ろうと思いました。



でも、、、
コロナによる緊急事態宣言が解けたとはいえ、
セミナー参加者を
遠いところから呼ぶわけにもいきませんし、
開催日を調整する時間もありませんし、
場所とか必要なものを準備している
時間もありません。  



困ったなぁと思いましたが、
でも、、、
きっと、うまくいく
と思ったら、、、




ひらめきました!!




そうだ!!
お店で開いて、
アルバイトの子たちで開催しよう。



アルバイトの子たちが最大で出勤する日は
30日。
イチかバチかで、
紅茶講師に30日できるかメールしました。



すると、なんと、
30日は空いているということで、
紅茶と「小びんワーク」の
コラボセミナーすることになりました!!



f:id:kooun-shiawase:20200531234902j:plain



f:id:kooun-shiawase:20200531235116j:plain



写真は紅茶講師さんです。
アフタヌーンティを
ゆっくりいただくと
豊かさを感じることができるのだなぁ
と思いました。



みんなで、その豊かな気持ちで
願い事をしました。



お店には洗える所も、お湯もあるし、
以前から、お茶会セットを置いていたので
何もかも、そろっていましたし、



紅茶なので、ケーキを買いにいったら、、、
なんと、偶然にも
3日間の半額キャンペーン中で
超ラッキーでした。
ハッピー ・ラッキー ~


f:id:kooun-shiawase:20200601000444j:plain



こうして、
コラボセミナー開催して、
写真を出版社に送りたいという
私の願いと、



紅茶講師さんも、
「小びんワーク」しているのですが、
紅茶セミナーを早く開催したいという
(コロナの影響でなかなかできなかった )
願いが、、、



自分は何も準備しないし、
何もしていないのに
勝手に願いが叶ってしまったと
驚きながら
喜んでいました。







紅茶講師さん、
「小びんワーク」してると
そんなことが
しょっちゅう、
起こって来ますよ~。








本は勝手に、書いちゃおう~~~!!

こんにちは、願いを叶えるシンクロニスト、幸せ研究家の
  「幸運しあわせ」です。





5月22日、 東京都、多摩センター駅まで行き、
写真スタジオで「小びんワーク」本に載せる
小びんの写真をプロカメラマンに撮ってもらいました。



新宿や池袋とかではなく、
自然の残っている
静かな、とても気持ちの良い所でした。


f:id:kooun-shiawase:20200524232040j:plain



こんな静かな所での撮影は、
コロナの影響かなと思いました。



下の写真は本に載る写真とは違いますが、
撮影用に私が作った小びんを
スマホで試し撮りしたものです。



f:id:kooun-shiawase:20200524232831j:plain



f:id:kooun-shiawase:20200524232941j:plain





そして、思ったことは、、、
いいカメラを買って
自分で写真スタジオ的なものを作り
自分でも本に載せる写真を撮りたい!!
っていうこと。






本は、オファーがなくても、
勝手に書いちゃおう!!
勝手に作っちゃおう!!








本書き、終わりましたぁー。7月出版予定です。

こんにちは、願いを叶えるシンクロニスト、幸せ研究家の
  「幸運しあわせ」です。






長い間、ブログをお休みしてました。


お休みしてましたけど、
これから、書きますといって、
また、お休みしてました 。



というのも、
突然、ダメだった 「小びんワーク」の本の出版が
奇跡のように願いが叶って
出版が決まったのですが、、、



どうにも、こうにも、 書きたいと思っても
まったく、スラスラと書けなかったからです。






だから、最初の出版社に送った見本原稿はひどいものでした。
これでは、本にならないので、
ライターの人を使いましょうと編集者にいわれないかと
ハラハラ、ドキドキものでした。



でも、私には、以前、
童話を書きたと思うのに、まったく書けなかったのが、
「小びんワーク」することで、
ある日、突然、書けるようになった経験があるので、
絶対、書けるようになる自信があったのです。



そして、昨年の7月、出版契約して、
2ヶ月たった、9月、
突然、書けるようになりました!!



どうして、書けるようになったの?
といわれてもわかりません。
童話のときと同じように、
書けるレベルになったとしかいいようがないのです。



しかし、文章はともかく、
本の内容は、毎日、
吐き気がでるぐらいの生みの苦しみと
睡魔との闘いでした。



そんな中で、
本の中のイラストも願いが叶って
自分で描くことができ、
写真撮影のための小びんも作成しました。





それが、、、やっと、終わったのです。
後は、微調整。





7月。
みらいパブリッシング(出版社)さんより
願いの叶う「 小びんワーク」本、
商業出版予定です。



本屋で見かけたら、
ぜひ、中身のチェック、していただければ、
うれしいでーす。