ある日突然、うれしい奇跡は起こる!!

幸せの1ページ目



私が長い人生の暗やみのすえに
やっと出逢えた、、、
『誰でも願いを叶え幸せになれる』
という本の
幸せの1ページ目をめくってみると、、、
そこにはこんな言葉が書いてありました。



ーーー私たち誰もが持っている思いや意識には
   願いを奇跡のように叶える
   魔法の力がある。




ーーーなぜなら、私たちの思いや意識が
   この現実世界を創っているからだ。





ーーーしかし、求める者よ、気をつけるがよい。
思いや意識はエネルギーであるがゆえに
波動の法則が働いている。
最高の喜びを得たいなら、
常に最高の喜びの中で願うのだ。
それが永遠の宇宙の秘密である。




そう、書いてあったのです。





幸運しあわせのあり得ない奇跡

ーーー 自分の心のレベルを上げると
    奇跡のように願いが叶う




という素晴らしい宇宙の法則に
私が初めて気がついた
そのきっかけとなるある出来事がありました。



それは、私が自宅を買って引っ越したばかりのことでした。
私は真新しい木の匂いのするその家のインテリアを
どうしたらいいのかわからず悩んでいました。

すると、ある日、本屋に行くと、、、
『西に黄色で金運アップ』
という文字が目に飛び込んできました。


コレだ!!
私は飛び上がって喜びました。


風水インテリアすれば、
この部屋、この方位には
この色でこういうものでって必然的に決まり、
おまけに運まで良くなるんだから最高じゃないですか!!


そこで、風水インテリアしながら
毎日ルンルン喜んでいたのです。


ところが、、、そんな中、、、
突然、 私は、、、
家を買ったばかりなのに
なんと、
隣の店舗付きのアパートが
ほしくなってしまいました!!



隣も自宅と同時期に建てられた新築物件で
自宅よりちょっと前に買い手が付き
お店を営業されてました。


自宅を買ったばかりなのに、、、
すでに他の方が住まわれてるのに、、、
それは叶うはずもない、、、
あまりにもバカげた
叶うはずもないあり得ない願いだったのに、、、


でも、 私は叶う叶わないそんなことまったくおかまいなく
能天気にただ不動産アップの風水をしながら
もう手に入ったの如く喜んでいたんです。



すると、数日後でした。
自宅を紹介してくれた不動産屋が尋ねてきて、、、
「〇〇さん、隣が競売になるからその前に買わない?」
って言うではないですか!!   


エーーーーーーーーーーーーーーーーーーーッ!!
ビックリです!! あまりのことに
私は思わずのけぞって驚きました。





何もしてない、ただ、思っただけで、、、

隣の物件の人にも、不動産屋にも、
誰にも隣がほしいなんて一言も言ってません。



その時、
自分でもほんとうに叶うなんて思っていないから
お得意の
神様お願いしますの神頼みさえしてませんでした。


ただ、もう手に入ったかのように
喜んでいただけだったんです。


それなのに、、、
願う以外何もしてないのに
これまで叶ったことより叶うスピードも速く、
スケールもこんなに大きい!!



結局、私は思っただけで、
願っただけで何もしないのに
ほしかった新築物件を通常の半額以下で手に入れることができたのです。


願っただけで、、、何もしないのに、
幸せが向こうからやって来たんです。



そして、、、驚いたことに
これが、決して偶然ではないというように、
思いの力だけで、
次から次へと
魔法のように願いが叶っていったんです。





風水だけじゃない、心のレベルのせいだ



いったい何が私に起こっているのだろう???


始めは風水をしたので
こんな風に願いがかなったのかと思いました。
そこで友人、知人に風水をしてあげることにしました。


確かに風水をしてあげると友人知人も
奇跡のように願いをかなえることができました。


でも、、、風水しても、、、


どうしても、、、
どうしても、、、叶えられない人がいるんです!!

それはどういう人かというと


不平不満の多い人、
すぐ人に敵愾心を持ったり憎んだり、
人を嫌悪する人です。
まるで、何かに邪魔されるように願いがかなっていきません。



その人のお姉さんはもっとわかりやすく、
人に裏切られてきた体験のせいで暗く、
憎しみや恨みが多い感じでした。


アレっ?
私も昔、その人のお姉さんのようにダークだったのに、、、


何が昔の自分と今の自分とでは違ってきたんだろう?
と思った時に、、、
はっきりとわかったことがあったのです。


それは、、、



心のレベルが違う!!



昔の自分と
うれしい奇跡が起きて願いが叶うようになった自分とでは
毎日を喜んでいる、
感謝している、
心のレベルが違うんです!!



そう、ハッキリわかった時に、
思い出したことがありました。



「あっ、あの人の言ったことはほんとうだったんだ!! 」









知るべき真理が書かれてる本を与えてください



あの人とは、、、『あなたは、絶対運がいい』
の著者、浅見帆帆子さんです。


f:id:kooun-shiawase:20170122194927j:plain



実は、、、私は物心ついた時から
母親に嫌われ、、、
精神的な虐待を受けていたので
親や家族とほとんど話しをせずに生きて来ました。


私が話ししてきたのは、、、
いつも目に見えない世界、神様とだけでした。

愛されず、存在する意味がなかったので
生きづらく暗く凍ったいばらの道を
裸足で歩いてるように毎日苦しかったです。



だからいつも、生まれてきた意味や生きる意味、死ぬ意味を
泣きながら神様に尋ねざるを得ませんでした。



でも、ずいぶん長い間、、、答えてはもらえず、、、
いろんな本を読んだりもしましたが、
私が知りたい真理が書かれている本はありませんでした。


そこで、私は心から願ったのです。
「神様、私がまだ知らなくて、知るべき真理があるなら、
それが書いてある本をどうか与えてください。」

って。


そして、、、とうとう、、、
私はその本に出逢うことができたのです。




人の心、意識にはレベルがある



その本は本屋さんで
デコレーションケーキのように並べられていました。
何だろう?と思ってペラペラめくっていると


プラスのパワーで運が良くなる、願いが叶う。
人の心、意識にはレベルがあり、
そのレベルに応じた現実が現れる。

と書いてあったのです。


人の心、意識にレベルがある???


初耳です!!
しかもそのレベルによって起こってくることが違ってくる。
つまり、願いが叶い人生が変わってくるというのです。
だから、プラスのパワーを貯めて
心のレベルを上げましょうという本です。



でも、、、こんなスゴイことを書いてる人が 、、、
若干24歳(当時)だなんて。。。
しかも、こんなに可愛くて、、、
お金持ちのお嬢様で。。。


こんないいことがあっても、
不思議じゃない生まれ方だよなぁ~。
しかも、こんなスゴイことまで本に書けるなんて
と軽い嫉妬の念をいだきながらも、、、

f:id:kooun-shiawase:20170122203527j:plain

でも、いいことは取り入れよう!!
と思い
できるだけ人に親切にしたり、
何ごともいっしょうけんめいやるようにして
プラスのパワーを貯めるようにしました。


そして、気が付くと数年後には
彼女の言う
願ったことがすぐ実現する
自分になっていたんです!!






自分の心が自己最高レベルに上がった瞬間



でも、どうやって私の心は
天と地ほどに変わっていくことができたのかというと、


それは、、、
女が命を懸けて決断しなければならない
出産の時のことです。


お話ししたように
私は母親に嫌われ、
日々精神的な虐待を受けていたので
自分が子供をつくろうとした時にとても心配だったのです。


もしも、母のように子供を愛せなかったら、、、
五体満足で生まれてこない場合も
自分はほんとうにその子を愛せるのか?



普通に愛されてきた人からすると想像できないかもしれませんが、
不安で不安で心配で心配で、
もうこれ以上年取ると子供ができないかもしれない
そんな年まで心配で子供をつくることはできませんでした。


しかも、結婚してやっと自分の家族ができて
少しは幸せのようなものを感じられるようになったのに、、、


出産で命を落とすこともあるし、
障害のある子が生まれたらつきっきりの人生になるだろうし、
もし子供を愛せなかったら、、、
愛せない自分が怖かったんです。



今までだって不幸だったのだから、
幸せになれるはずがない。
きっとまた不幸になるに違いない。



マイナスの思いと感情が
フツフツと湧き出して来ます。


でもね、
その時、私の目の前にほんとうに2つの道が見えたんですよ。
(人生は選択の連続だって聞いてましたが、
ほんとうに人生の選択ってあるんですね。)


私の目の前に見えたのは、
1つは子供を産んで障害がありまた不幸になるという道、考え方
(これは私の場合であって、障害があるから不幸だということではありません)
もう1つは子供を産んで幸せになるという道、考え方です。



そして、私は勇気をもって
子供を産んで幸せになるという道、考え方を選びました。





喜びの絶頂で感謝する日がやってきた



出産は大変でした。
高齢出産というのもあったし、
自分でも気づいてなかった病気もあったし
二重三重の出産の痛みと苦しみでした。


最後はもうここで自分は死んでいいと思いました。
でも、その前にこの子だけは
産まないとという思いだけで産むことができました。


その後も心配でしょうがなかったのですが、、、
どうやら大きな障害もなく五体満足で生まれてきたようです。


そんなある日、添い寝している我が子を見て
ああ、もしこの子が何か危機に瀕して
私が命を捧げることで助かるなら
喜んで捧げるだろうなぁと思った瞬間でした。



自分は人を愛せるという
本質的な喜びがモコモコと胸の奥から湧き上がって
息ができないぐらいになってしまったのです。




私はあまりの喜びにころげ回って
あんなに恨んでいた神様に、
「私は幸せで~す!!私は幸せで~す!! 」
と何度も叫んでいました。



それからなんです。
毎日がうれしくってうれしくって、
感謝で感謝で光輝き 、
幸せと幸福感の中で生きるようになったのは。。。



道で会う人々にお陰様で、
お陰様でと頭を下げたくなり、
歩いてるのらネコにさえ頭を下げたくらいです。


そして、この喜びと感謝にあふれる
高いプラスの心で
ふと思ったことや願ったことが
次々と奇跡のようにかなっていきだしたんです。


そこで、思ったんですよ。
こんな素晴らしい心の力を誰もがもっているなら、
誰もがその力を使って幸せになれる!!



それを探求し、研究し、
1人でも多くの方の幸せを応援できたらなって。