幸運しあわせ.com

 あなたは願いを奇跡のように叶えられる。人生を望むものに絶対変えられる。

自分にやさしい(プラス思考)でいこう。

プラス思考って何?

こんにちは、幸運しあわせです。
埼玉では今日は暑いぐらい暖かく桜が満開
桜吹雪が掃いても掃いても店の入り口から入り込んで来て困りました。

やっと春本番、明るい雰囲気
そこかしこに満ちてきましたね。


ところで、皆さんは皆さんのを、、、
明るくたもってくれるプラス思考って何だと思いますか?

プラス思考とは、
起きた物事に対して肯定的に解釈する考え方で、
日本だけで使われている言葉だそうです。
世界的にはプラス思考はポジティブシンキングと言われていて、
ネガティブシンキングとは反対の意味で使われます。

プラス思考の考え方というのは、
どんな事があったとしても
何事も前向き、希望ある方へ考えていくので、
大きな生きるための活動エネルギーを生み出していきます。


例えば、希望していた会社や部署、職業につけなかった時や、
恋や愛、夢が叶わなかった時、、、
どうでしょう?

そのままではマイナス感情に引きずられ
生きる力、 生きるエネルギーを失って
暗くなって いくばかりなのではないでしょうか?

でも、そこで、
反省すべき点は反省し、
学ぶ的ものは学び、
気づくべきものは気づいたのち、、、

きっと自分には
もっとふさわしいことや場所、
人がいたんだってことなんだな
とプラス思考したらどうでしょう?

前へ進む力が出てくるのではないでしょうか?

こんなふうにプラス思考の考え方というのは、
たとえどんな事があったとしても、
何事も前向きに考えていくので、
マイナス思考を転換させ
大きな生きる活動エネルギーを生みだしていきます

それに対するマイナス思考は、
物事を悲観的、絶望的に考える考え方で 、
そこで、反省や学び、気づきがあったとしても
できなかった自分をダメな自分としてさらにマイナス思考し、

悲観的で自己攻撃的、自虐的、自己否定的、内気でうつ的傾向、
過去にこだわり非社交的、劣等感が強く過去の失敗にこだわる、
自分の考えが否定されると全人格を否定されたと考える、
気分転換ができない、細かいことや人の目が気になる、
いい事はなかなか信用しないが、悪い事は簡単に信用してしまう。
というふうにマイナス思考特有な状態になりがちです。
(ウィキペディアなど参考)

プラス思考は誤解されている

今プラス思考を今調べると
何か誤解されてるなと思う。

プラス思考するとかえって良くないとか 。
成功しないとか。

それは、プラス思考を誤解している人が
マイナス思考をしっかり受け止めないで
(反省するとか、学ぶとか、気づくとかしないで)
ただ、プラス思考したつもりで
プラスに思われることだけを表面的に発言してしまっている結果なんだと思う。

プラス思考をする大前提は
当然、しっかりとマイナス思考を受け止め、
マイナス感情を受け止めた上で、
反省や学びや気づきなどをともないながら、


マイナスの考え方を
プラスの考え方に転換していこうってことなんだと思うんだ。


自分にやさしい(プラス思考)って何?

私が思うプラス思考は、
自分にやさしいプラス思考をしていこうってことです。


もちろん、マイナス思考が悪いことじゃないし、
マイナス感情が悪いことじゃないから、
それは自己防衛のためだから感謝して、

そこから反省することは反省し、
学ぶべきことは学び、
気づきべきことがあれば気づいたなら、、、

少しでも、生きる力が出てくる考え方に転換ていこうようということ。
少しでも、自分が元気になれる考え方に転換していこうよということ。
少しでも、楽しくなれる考え方に転換していこうよということ。
少しでも、喜べる考え方に転換して行こうよということ。

例えば、何かを実行しようと思っていたけど
疲れてつい何もせず寝ちゃったとする。

自分はダメだなぁという思いがすぐやってくるでしょう?
でも、次はしっかりやろうとかメモしようとか反省したり、
対処法を考えたりしたら、
もう、それ以上自分を責めマイナス感情に浸り続けない。

自分にやさしいプラス思考(=自分に都合のいいプラス思考)
きっとたっぷり寝たから
今日はきっと体力のいることがあるんだってプラス思考する。
別の日にした方がきっと都合がいいことがあるから
寝ちゃったんだとかプラス思考する。


その人にとってほんとうのプラス思考は
生きるエネルギーが湧きだしてくる考え方、
プラスに対処、行動できる力を与えてくれる考え方だと思う。